ひらめき初めて訪問してくださった方は、まず■はじめにをごらん下さいませ。ひらめき

2008年10月24日

品川に100人のおばちゃん、見〜っけ!

100人のおばちゃん

品川に100人のおばちゃん、見〜っけ!
丹羽 洋子著
税込価格: \1,575
出版 : ひとなる書房
http://www.bk1.jp/product/03056081
見かけたら、ぜひお手にとってみて下さいね。



あと、


posted by (ゆきね) at 03:26| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ■おすすめ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月03日

いいお産の日

11月3日は「いいお産の日」。青柳かくい先生のご命日でもある。ジャンル混在の本棚から、忘れられない一冊を取り出して読み返す。

 

きっと、いいお産〜産婆・ 青柳かくいと一六〇〇〇の命〜

中本敦子著 清流出版刊 1998

 

きっと、いいお産

 

 

posted by お産バンザイ! at 22:19| 東京 🌁| Comment(0) | ■おすすめ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月23日

未妊 「産む」と決められない

ついでに、といういい方も失礼だけど、かねてより気になっていた河合蘭さんの「未妊」(日本放送協会出版刊/2006.4) も一緒に注文。

未妊(日本放送出版協会) 

河合さんの著作では、 「お産選びマニュアル」もオススメ。そのお手軽っぽいタイトルに反する、冷静かつアツイ内容は一読の価値アリ。

 

ま、それはさておき、この本の中にでてくる「妊娠力」。避妊をやめればすぐ妊娠すると思っていたわたしの、 そのまんまが書いてありました。今日でもいいが明日でもいい事は、なかなか決断できなかったりするものです。 「子どもが欲しいと思うなら一日でも早くしたほうが」という忠告も、なんとなく他人事でした。「今の人は栄養状態もいいから、 高齢出産なんて、実質ない。」という言葉も鵜呑みにしていました。卵子も老化して、妊娠自体しづらくなってくるなんて、 当時はちっとも知りませんでした。

わたしに関して言えば、じゃああと15年早く妊娠してたらもっと楽しかったかというとそれは?なわけで、 結果オーライというしかありません。子どものワンパク盛りに自分の身体が息切れしてるのは事実ですが(爆)。

 

この記事を読んで下さっている方で、「今は仕事をしているけれど、35歳くらいまでに子どもが欲しい、できれば2人くらいは、、、」 とか思っている方がいらしたら、この本、オススメです。出産年令なりの大変さ、楽しさが具体的に書いてあって、勇気づけられます。あ、 そうでない方もね(笑)。

 

posted by お産バンザイ! at 07:08| 東京 ☔| Comment(0) | ■おすすめ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月18日

CB講座終了☆産婆のおスミちゃん一代記

5月から始まったCB講座が、終了しました。3回連続講座が3回、都合9回22.5時間皆勤! 最後は自己プランの発表役までさせていただいて(人前で話しをするのは初めてだよ〜!)、大変よい社会勉強になりました。 どのくらい難しくて出来ないモノなのかを見極めにいったのだけど、なんだか何かを始められそうです。講師の永沢映先生、ご静聴いただいた参加者の皆様、 励ましてくださった主催担当課の方、ありがとうございました。一番もうからなくて(爆)一番やりたい「お産のふりかえりワークショップ」 から、手をつけてみたいと思います。

 

また、永沢先生のおばぁちゃまは、ギネスブック級のお産婆さん(尊敬の念を込めてあえてこの呼称を使います)だそう。代表的な著作に 「産婆のおスミちゃん一代記」 (永沢寿美著 草思社刊 1995.8)があります。早速注文しました。

産婆のおスミちゃん一代記(草思社)

ここでも、偶然の必然というか見えない糸の存在を感じました。そしてそして、今この記事を書くためにネット検索をしていて、 心臓が止まりそうになりました。わたしがず〜〜〜っず〜っと大好きな画家である永沢まこと氏は、このおスミさんのご子息なんですって!ぎょえ〜。じゃ、 永沢先生のお父さんか伯父さんってこと?!

 

明日はカスタマーのシゴトの日なので早く寝なけりゃならないんだけど、眠れませんよ。こりゃ (笑)。

posted by お産バンザイ! at 01:18| 東京 🌁| Comment(0) | ■おすすめ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月21日

だから日本に助産婦さんが必要です

『だから日本に助産婦さんが必要です』  熊手麻紀子(編)
助産婦を応援する会  くまでつうしん 自主出版 2001年 ¥1500(税込)
http://www.web-reborn.com/bookservice/bookservice.html

1143269445c.jpg 
posted by お産バンザイ! at 16:19| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ■おすすめ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月21日

わたし流のお産

助産院のノートが、本になってます。わたしもちょびっとだけ。

 

わたし流のお産  〈自然に産む〉ことにこだわった先輩ママの体験記  」 
 アクア・バースハウス編/メタ・ブレーン刊/2005

posted by お産バンザイ! at 02:20| 東京 🌁| ■おすすめ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
 
Google
新着記事
(09/11)出張ワークショップ等承ります
(01/07)1/12☆「お産のこと、話しませんか」
(10/30)品川子育てメッセ2015☆ワークショップその2
過去の記事
2017年09月(1)
2016年01月(1)
2015年10月(4)
2014年04月(1)
2014年02月(1)
お気に入りリンク
バンビノコミチ
フィリピン、貧しい母子のためのクリニックより
アクア・バースハウス
マザリーズ助産院
りんご鍼灸院
REBORN
babycom
日本助産師会
どうする?日本のお産
順不同です〜 m(_ _)m
ささやかな成長記録
micchi_yukki_のあしあと
EmiriSystem
※公開パスワードが必要です。お問い合わせ下さい。
なかまたち
てとてとねっと
子育て仲間*はらっぱ
あいあい
おばちゃんち
おばちゃんち
ふれあいの家〜おばちゃんち ここは、ふれあいの家。ひだまりの縁側にいろいろな人が集い、ささえあう優しい場所です。
banr-2.gif 救急救命士の現実 パラメディック119〜すべては救命のために〜
わたしについて。
マル高って何?いつまでも若くとは望まないから、「年齢不詳」でがんばるぞ〜!
名前:多田野ゆきね
年齢:東海道新幹線
かぁさんたち

しながわ在住歴はながいのですが、子どもが複数になるまでは、ほとんどただ寝に帰っていただけのオヤジ系。出産体験で生まれ変わりました(笑)。 趣味:ドルフィンスイム、うた、ふて寝、お産。 特技:早食い
QRコード
動作未確認(笑)

ブクログ
RDF Site Summary
RSS 2.0
RSS取得
子育て仲間*はらっぱ最新情報はFacebookページに♪
今日のニッコリータは早じまいです。
みんなでつくるニッコリ音楽会♪/しなが…
天使が降りてきた!?
産前産後ワークショップ〜2日目
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。