ひらめき初めて訪問してくださった方は、まず■はじめにをごらん下さいませ。ひらめき

2013年06月18日

7/5 品川に冨田江里子さんがやってくる!

2013年7月5日(金)の『品川子育てメッセ』に、冨田江里子さんがきて、お話会をしてくれます!
品川子育てメッセは、主として子育て中の母親が実行委員となって、おなじ母親へのメッセージをこめて行政やNPOと協働で作ってきたイベントとして品川区では定着しつつあります。わたしも初期の頃は、みんなで泣き笑いしながら昼夜を問わずガッツリ☆かかわっていましたっけね。

思えば富田さんとのお付き合いも2004年くらいから…ですが、今回のお話会はいままでとはわたしにとってまったく意味合いが違うものになりました。
というのも、わたしの知らない(=わたしを知らない)ずっと若いおかあさんたちが2007年の情熱大陸の録画映像をみて、「この人に会ってみたい!この人をお呼びしよう!」と企画されたものだからです。
わたしはひとづてに、すでに出来上がった企画をちらっと耳にしただけ。
より多くの人に冨田さんの素敵さを知って欲しいと思ってきたわたしにとっては、感無量ともいえましょう(笑)。

事前申込が必要ですが、500円という格安価格。まだお席に余裕があるようです。
万障お繰り合わせのうえ、是非、いくべしいくべしいくべし。

冨田さんは助産師ですが、ひきだしがいっぱいあります。
貧困、政治、命、医療、お金、支援、………
いつ会っても何度会っても、すごい人です。
話の内容…というだけでなく、誰にとっても生の冨田さんに触れることにすっごい意味がある。
そんな人です。


●品川子育てメッセ2013 冨田江里子先生講演会●

「赤ちゃんの笑顔が教えてくれたこと 〜フィリピンの小さな診療所から〜」

開催日:2013年7月5日(金)
時間:10:30会場  11:00〜12:15講演
場所:品川区立総合区民会館 きゅりあん 小ホール
(東京都品川区東大井5丁目18−1  JR・東急大井町駅徒歩1分)
申込み:下記URLより、事前予約をお願いします
 http://kokucheese.com/event/index/92192/ 
参加料:500円 (子ども無料)
共催:品川子育てメッセ実行委員会/品川区/ふれあいの家-おばちゃんち
 品川子育てメッセ公式web http://s-messe.com/
※参加費は全額バルナバクリニックへの寄付とさせていただきます!
-----------------------------------------------

◆冨田江里子さん 【ブログは「フィリビン、貧しい母子のためのクリニックより」】 http://blogs.yahoo.co.jp/barnabaseriko

1997年からIKGS緑化協会現地調整員としてフィリピン・スービック(ピナツボ山麓)に滞在。無料診療所(助産所)を開設、運営。助産所業務のほか、現地の人が医療を求めて訪問するので医療援助もおこなっている。活動が認められ、2003年に保健所として認可される。「助産雑誌」(医学書院)に『バルナバクリニック発ぶつぶつ通信』を好評連載中。2007年1月28日MBS系列で放送された「情熱大陸」で活動がクローズアップされる。先日『フィリピンの小さな産院から』(石風社)を発売したばかり。
posted by (ゆきね) at 10:00| 東京 ☀| Comment(0) | ■冨田江里子さん応援中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月15日

映像配信中「フィリピンの小さな診療所」-命をみつめて-

冨田さんのクリニックの様子が、日本映像通信社さんのwebサイトから配信中。
リンクのお願いをしたところ快諾いただきました!

■日本映像通信株式会社
 http://mobacha.net/vjjapan.html
posted by お産バンザイ! at 23:30| 東京 ☀| Comment(0) | ■冨田江里子さん応援中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月18日

久しぶりに送りました〜

昨年、一昨年は石巻向けに気持ちが集中していて、ちょっとお久しぶりになっていました。
そんなわたしの不義理っぷりでも、冨田さんは一時帰国の出国間際にお電話くださったりして(T_T)

「だって、帰国したときは連絡するね。って前に約束したから。時間がとれなくて会えなくてごめんなさい。」

(@o@;)))

中3箱、船便出しました。
今回の送料は10,700円でした。
無事に着きますように。
そして、
いつもながらこの機会に、改めて考えたいと思います。
なぜ薬が余るのか?なぜ新品同様の品物が不要なのか?

'06/12/09  24,540
'07/04/27 △13,850(物資送料) 残10,690
'07/10/24   4,500(寄付) 残15,190  
'08/12/29 △10,450(物資送料) 残4,740
'10/11/30   2,950(寄付〜そのまま直接送金)
'11/02/15   2,124(寄付〜そのまま直接送金)
'13/01/17 △10,700(送料) 残△5,960

冨田さんの日常は↓
■フィリピン、貧しい母子のためのクリニックより
 http://blogs.yahoo.co.jp/barnabaseriko



posted by お産バンザイ! at 19:07| 東京 ☀| Comment(0) | ■冨田江里子さん応援中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月15日

子育て仲間*はらっぱより

子育て仲間*はらっぱより冨田さんの団体へ送金しました。

着なくなったお洋服のくるくるフリマ。
常設のかごにお古を入れておき、
必要な人に自由に取ってもらいます。
今回は2124円になりました。

協力してくださったみなさん、ありがとうございました。

■冨田江里子さんのblog
 http://blogs.yahoo.co.jp/barnabaseriko

■子育て仲間*はらっぱ
 http://plaza.rakuten.co.jp/harappa

posted by (ゆきね) at 16:59| 東京 ☀| Comment(1) | ■冨田江里子さん応援中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月30日

しながわ☆産前産後ネットワークより

11/23のふれあい動物園フリーマーケットで2950円の売上があり、
本日、その全額を冨田江里子さんのクリニックに送金しました。

毎年1箱〜2箱の荷物を送っていますが、送料が1箱5000円くらい
かかるので、物を送るか金を送るか毎年思案するところではあります。
幸いいままでの活動の貯金で今年の1箱分くらいの送料はまかなえそう
だったので、使い込まないうちに(爆)今回は全額送金しました。

■冨田江里子さんのblog
 http://blogs.yahoo.co.jp/barnabaseriko
posted by (ゆきね) at 17:03| 東京 ☀| Comment(0) | ■冨田江里子さん応援中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月08日

今年も会ってきました

今年も一時帰国した(生)冨田江里子さんに会ってきました。

網膜はく離とかで緊急入院してたとは思えない…
というかその事の重大さに後から気づいたくらい…。
(すみません)

医療支援だけでなくトレーニングセンターを始めた冨田さん。
バルナバマタニティクリニックはお産をするところだけど、
妊娠してクリニックに来るのでは遅すぎる。
子どもたち(と人々)へのエンパワメントでなにかが生まれるはず。

あー、まったくこの無駄のない潔さは、
生死がフツーに日常の中にあってこそなのかもです。
現地の映像を見ました。
その風景は、あまりにも色鮮やかです。





今回もREBORNオリジナル講座にお邪魔したのですが、
尊敬するりんご先生に、ばったり☆
サンドイッチをほおばったまま、目を白黒させてるわたしに、

「…やっぱり…いると思った。」(にやり)


というわけで、
来年の夏、なにかやるかもです(笑)。



冨田江里子さんのblog
 http://blogs.yahoo.co.jp/barnabaseriko
REBORN
 http://www.web-reborn.com/
りんご鍼灸院
 http://www008.upp.so-net.ne.jp/kano/ringo/
posted by (ゆきね) at 00:00| 東京 🌁| Comment(0) | ■冨田江里子さん応援中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月29日

今年も送りました〜

はあー、もう遅くなってしまってホントすみません。

言い訳ですが、ちょうどいいハコを探して、梱包するのがなかなか…滞ってしまってごめんなさ〜い。(英語が出来ないわたくしは、 送り状を3枚も書くだけで(汗))

今回の送料は中3ハコ、10,450円でした。

 

 

去年の夏、冨田さんをお招きしてプチ講演会を開催したのですが、実はその後自分がいろいろ考え込んでしまうことも多かったのです。 現地の人の日常とわたし達の日常は、何一つ共通項や接点がなくかけ離れているようで、実は地球規模で密接に繋がっている。だから、 子ども達のために、今出来ることからまず始めようというのが講演の結論のひとつでもありました。 マイ箸とかマイバッグとかマイボトルとかからでも…。

 

この活動を始めた当初から、「可哀想な人にいらないモノを恵んであげる」んじゃなくて「なぜお薬が余るのか、 着られる服がきれいなままいらなくなるのか、自分たちの生き方自体を考えるキッカケにしよう!」と呼びかけ続けて来ました。でもそれすら、 綺麗事だったかもって…、こちらから冨田さんのところに送るモノが何もないという状況が、 現地の人にとっては一番暮らしやすい状況になるのかもしれないなぁって思ったんです。迷いました。

 

でも、やっぱりみんなの気持ちを送り続けたいと思います。

 

なぜなら、「何一つ共通項や接点がなくかけ離れている」とは講演会にきてくださった方の言葉だったのですが、 わたしにはそうは思えません。そう、人に残された最後の大自然と言われる「お産」。初めて冨田さんの話を聞いたときに 「こんなに何もかも違っていても、お産だけは同じなんだなぁ!」とわたしには思えたからです。その後、冨田さんからもらった、 村の子ども達の写真。大人になると日本人とフィリピン人では相当違うのに、 なぜか新生児の面差しはどの子も身近な誰かにとてもよく似ていました。そして笑顔、笑顔、笑顔…。 生と死が普通に隣り合わせで存在するその場所で、この笑顔を守りたい(そこには守れないという現実もあります)、 きっとそう思っているに違いない冨田さんをやっぱり応援したいです。

 

■冨田江里子さんのblog「フィリピン、貧しい母子のためのクリニックより」

 http://blogs.yahoo.co.jp/barnabaseriko

 

クリスマスも終わりました。お元気でよい年をお迎え下さい。

 

 

posted by お産バンザイ! at 23:51| 東京 ☀| Comment(0) | ■冨田江里子さん応援中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月24日

今年も送ります〜

4500円の寄付をいただきました。ありがとうございます。
冨田さんへの荷物の送料に充てさせていただきます。
今年も11月末までには発送する予定です。
しかし…わが家的には全然病院に行かないから、余る薬もない状態(笑)。
いつもながらこの機会に、改めて考えたいと思います。
なぜ薬が余るのか?なぜ新品同様の品物が不要なのか?

冨田さんの日常は↓

■フィリピン、貧しい母子のためのクリニックより
 http://blogs.yahoo.co.jp/barnabaseriko

先月、遅ればせながら「情熱大陸」の録画DVDを見ました。ホント、冨田さんっていろんな表情がを持っていて奥深いなーと思いました。生と死がフツーの日常にあって、そのまっただ中に在るからでしょうか。

また会いたいです。
posted by (ゆきね) at 02:18| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ■冨田江里子さん応援中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月27日

あの情熱大陸から、冨田江里子さんがやってくる!

あの情熱大陸から、冨田江里子さんがやってくる!

この度、来る7/1(日)にフィリピンで活躍する日本人助産師・冨田江里子さんの講演会を行うことになりました。 子育て中の母親向けの内容になる予定です。みんなきてねー!!冨田さんのブログはこちらっ

 


『冨田江里子
 フィリピンから・・人のしあわせと子どもたちの未来。』

【日時】2007年7月1日(日)13:30〜15:30
【場所】荏原文化センター 第一講習室(所在地:東京都品川区中延1-9-15)
【定員】30名 *事前にお申込をお願いします*
【参加費】500円
【保育】あり(保育費別途子ども1名につき500円)*定員10名*
 およそ7ヶ月未満の赤ちゃんは同席できます。託児をご希望の方はお問合せ下さい!
【主催・申込・問合】しながわ子育てポータルサイト てとてとねっと
 http://tetoteto.net/
 e-mail:yukine@(←半角に直して下さい)tetoteto.net
【保育協力】特定非営利活動法人 ふれあいの家−おばちゃんち
【後援】品川区社会福祉協議会

「貧しくても笑っているフィリピンの人々、物の少ない暮らしを経験する中で生きていく上で大切なことってなんだろうか? といろんな場面で考えます。外国は遠い・・と考えがちですが、実は私たちの暮らしの中にも外国からの恩恵がたくさんあります。

お金で買えるものと買えない物、変わらないで良いものと変わったほうが良いもの。

経済の発展が徐々にフィリピンの人の暮らしを変えています。現地にいながら人が生きる上で何が必要なのか? を日本の視点で見つめてきたことをご紹介できればと思っています。

将来、子どもたちが親になるとき日本は地球はどうなっているのでしょうか?1人のしあわせはみんなのしあわせがあって初めて成り立つ、 そんなことも考えて見ませんか?」


 

この2年ほど、赤ちゃんや子どものお洋服やお薬などをフィリピンの冨田さんにお送りしています。今回ご縁がありまして、 クリニックの存続に関わる危機でもあるにもかかわらず、快くお話に来てくださいます。というわけで、みなさまのご厚志もお待ちしております。 詳細はお問合せ下さい。

posted by お産バンザイ! at 00:43| 東京 ☀| Comment(0) | ■冨田江里子さん応援中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月27日

やっと発送しました〜!

応援してくださった方々、ありがとうございます。

お預かりしていたフィリピンへの支援物資、やっとやっと発送できました。

大3箱で送料は13,850円でした。

無事に着きますように…!

posted by お産バンザイ! at 20:35| 東京 ☀| Comment(0) | ■冨田江里子さん応援中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月09日

今年も送ります・その3

12月に入ってしまいましたが、只今梱包中です。大3ハコになりそうです。狭い部屋の中、 飛びかかってくる子どもらを払いのけながらの作業なので、遅々として進まず申し訳ない。でも、託してくださった方ひとりひとりの笑顔や、 このハコを開けてくれるときのみんなの表情を思い浮かべながらの作業は、楽しいです。一部、フィリピンには送れない冬物類 (フリマでも売れないもの)を、国内の女性と子どもの為の施設に送ります。また報告します。

 

<<残金>>

14,710円

<<その後のカンパ>>

 800円(2006.11.15)

 400円(2006.11.21)

 860円(2006.11.22)

 5,770円(2006.11.23)ふれあい動物園フリマ

1,000円(2006.11.26)N様より

1,000円(2006.11.28)

<<計>>

24,540円

posted by お産バンザイ! at 05:37| 東京 ☁| Comment(0) | ■冨田江里子さん応援中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月19日

今年も送ります・その2

お洋服やお薬を送ってくださったりわざわざ届けてくださったりする、しながわの子育て仲間の皆様、ありがとうございます。また、 思い出のお洋服を寄付して下さった皆様、現地には送れない秋冬モノを買い取ってくださった皆様、場所を使わせてくださっている方々、 ありがとうございます。みんなの想いをのせて、今月末に発送予定です。

貧しい国の人たちだから…というのではなくて、使わないモノをお裾分けというカタチでプレゼント。そんな流れが出来つつあるのが、 とっても嬉しいです。

 

<<残金>>

7,810円

<<その後のカンパ>>

3,500円(2006.10.31)

2,700円(2006.11.01)

  700円(2006.11.07)

<<計>>

14,710円

posted by お産バンザイ! at 11:39| 東京 ☁| Comment(3) | ■冨田江里子さん応援中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月30日

今年も送ります

クリスマスに間に合うように発送予定でしたが、11月12日と23日にフリマ出店が決まったため、去年同様11月末発送予定とします。 赤ちゃん、子供向け夏物衣料他、飲み残しのお薬などご協力下さい。日本の薬は大変高品質で精度が高いため、 期限が過ぎていても大丈夫だそうです。処方薬に関しては内容のわかるメモなどを添付してください。

 

冨田さんから、一番最近きたメールを転載します。

 

 

 

続きを読む
posted by お産バンザイ! at 01:14| 東京 🌁| Comment(2) | ■冨田江里子さん応援中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月13日

大河の一滴

今年もなにか送りたいナー、子ども達(と母)の笑顔のために。そう思い続けていたら、ちょっとずつみんなの気持ちが集まってくる。

まさに大河の一滴って感じです。ありがたや。 10月末発送予定にしてますので、わたしを見かけたら声をかけてくださいネ。

 

冨田さんの活動については、『NPO法人IKGS緑化協会』
http://www.geocities.co.jp/NatureLand/5172/
 (IKGS緑化協会全体の活動もわかります)
クリニックのページは「第10章」をみて下さい。

必要とされる支援については、『子育てワハハ』
http://www.chieichiba.net/wahaha/ 
(以前より冨田さんの活動を支援しています。冨田さんの連載や支援の方法が掲載されています)

 

<<残金>>

7,010円

<<その後のカンパ>>

 800円(2006.7)

<<計>>

7,810円

 

posted by お産バンザイ! at 16:01| 東京 🌁| Comment(0) | ■冨田江里子さん応援中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月23日

また会えた!

こんにちは、冨田江里子さん。また会えて本当に嬉しいです。

 

クリニックの運営に困ったときに、冨田さんのもとにちょうど届くという支援物資。やりたいこととやれることの狭間でへこんだときに、 わたしのもとにちょうど届くニュースレター。

 

モノを送るのと、送料分のお金を送るのとどっちがいいか?いつも迷ってしまいます。でも、「強い気持ちがあってはじめて届く物資、 とてもありがたいです。」と言ってくれてありがとう。気持ちや想いは、海を越えても届くのですね。「正露丸ばっかりでも (貴重な抗生物質とかじゃなくても)、大丈夫です。」とのお言葉、信じます(笑)。今年は、 なんとかクリスマスに間に合うように発送しますので、しながわの子育てなかまの皆様、 どうぞまたよろしくです♪子ども達の笑顔の写真をたくさん貰いましたよ〜。(みんな見てね。)

 

<<残金>>

3,410円

<<その後のカンパ>>

3,000円

 600円(2006.6)

<<計>>

7,010円

 

 

「ひとつひとつの命に誠実に」「いま、そこにいることの意味」「種をいろんなところで蒔いておくと、やがていろんなところで芽を出す」

posted by お産バンザイ! at 12:15| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ■冨田江里子さん応援中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月21日

また会える

REBORNのゲスト講座で、冨田さんが帰国するらしい。詳細はREBORNへ。
http://www.web-reborn.com/cgi-bin/event03/index.html?log_no=1#21

行こうっと。

(以下一部抜粋転載↓)
【日時】
6月22日(木)13時30分〜16時(13時20分受付開始)
【会 場】 
 渋谷区女性センター・アイリス学習室(渋谷区渋谷1-17-7 (全国婦人会館5〜7階))
 http://www.city.shibuya.tokyo.jp/est/iris.html
 渋谷区HPからのリンクです。 http://www.city.shibuya.tokyo.jp/ 
 ※交通 
 山手線・東急東横線・京王井の頭線:渋谷駅下車徒歩10分
 別フロアの子ども室が使えますので、お子様連れも歓迎です。
 (保育スタッフはつきません)
posted by お産バンザイ! at 16:16| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ■冨田江里子さん応援中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

届けられた荷物

2006年1月。
「1月6日に荷物が届きました。」との葉書が冨田さんから来た!!!
良かった〜!と飛び上がりたいところであるが、驚くべきはその丁寧さである。先月のクリスマスカードといい、寝る間もない中で本当に頭が下がる…。

赤ちゃんたち.jpg
posted by お産バンザイ! at 16:09| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ■冨田江里子さん応援中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クリスマスカード

2005年12月。
個人で支援会員になったから?、なんと!
クリニックから、手作りのクリスマスカードが来た!!!

s-docu0002.jpg s-docu0003.jpg
posted by お産バンザイ! at 16:03| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ■冨田江里子さん応援中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

@しながわプロジェクト発足

冨田さんへの支援は、それぞれが、自らのお産と命を考えるきっかけづくりにしたい。などと大上段に構えてみてもまぁ始まらない(爆)。

親しいなかまにおそるおそる声をかけてみると、みな快く協力してくれた。
特に、あらゆる人的ネットワークを駆使して、物品集めからフリマの搬入搬出、フィリピンへの発送となにからなにまで全面協力してくれたまおさん。あなたの力がなかったら、いつもどおりわたしのペガサス的行き当たりばったりの単なる思いつきで終わっていたでしょう。

この場ではお礼を言い切れないほどたくさんのみんなが関わってくれて、2005年11月末、赤ちゃん用品&子供服を中心に大きい2箱発送することが出来ました。クリスマスには間に合わないけど、無事に着きますように。

<<収入>>
カンパ&フリマ売上
12,910

<<支出>>
郵送料
9,500

<<残り>>
3,410
(2005.11時点)
posted by お産バンザイ! at 16:01| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ■冨田江里子さん応援中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

冨田さんのこと

2005年6月。
夏子さんに誘われて、ウィメンズプラザに行った。

ホールの正面にちょこんと座っていたのは、ちょっと関西なまりのある若い女の人。その人が、冨田さんだった。

冨田さんはフィリピンというところで無料助産院をやっているという。そしてその活動のきっかけは、親しい人の死産であったという。迷信と貧しさのなかで、いつも辛い目にあうのはいちばんはかない命。それを日々支えようとする冨田さん。淡々と話すその姿からは、想像も出来ないような数々の出来事=日常。この小柄な人のどこにそんな力が秘められているのか。

なにかしなきゃ。自分のために。
とりあえずニュースレターを8部購入し、震えるような思いで帰途についた事を良く憶えている。


*****

冨田江里子さんプロフィール
1997年からIKGS緑化協会現地調整員としてフィリピン・スービック(ピナツボ山麓)に滞在。無料診療所(助産所)を開設、運営。助産所業務のほか、現地の人が医療を求めて訪問するので医療援助もおこなっている。活動が認められ、2003年に保健所として認可される。「助産雑誌」(医学書院)に『バルナバクリニック発ぶつぶつ通信』を好評連載中。

▼冨田さんのクリニックは、NPO法人IKGS緑化協会の活動の一部として運営されています。しかし予算が厳しいのが現状です。クリニックの運営維持には年間150万円と生活費が必要です。そのほか、医薬品、医療機器、赤ちゃんの用品などを求めています。

NPO法人IKGS緑化協会
 http://www.geocities.co.jp/NatureLand/5172/
(IKGS緑化協会全体の活動がわかります)

子育てワハハ http://www.chieichiba.net/wahaha/ 
(以前より冨田さんの活動を支援しています。冨田さんの連載や支援の方法が掲載されています)
posted by お産バンザイ! at 15:46| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ■冨田江里子さん応援中 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
 
Google
新着記事
(09/11)出張ワークショップ等承ります
(01/07)1/12☆「お産のこと、話しませんか」
(10/30)品川子育てメッセ2015☆ワークショップその2
過去の記事
2017年09月(1)
2016年01月(1)
2015年10月(4)
2014年04月(1)
2014年02月(1)
お気に入りリンク
バンビノコミチ
フィリピン、貧しい母子のためのクリニックより
アクア・バースハウス
マザリーズ助産院
りんご鍼灸院
REBORN
babycom
日本助産師会
どうする?日本のお産
順不同です〜 m(_ _)m
ささやかな成長記録
micchi_yukki_のあしあと
EmiriSystem
※公開パスワードが必要です。お問い合わせ下さい。
なかまたち
てとてとねっと
子育て仲間*はらっぱ
あいあい
おばちゃんち
おばちゃんち
ふれあいの家〜おばちゃんち ここは、ふれあいの家。ひだまりの縁側にいろいろな人が集い、ささえあう優しい場所です。
banr-2.gif 救急救命士の現実 パラメディック119〜すべては救命のために〜
わたしについて。
マル高って何?いつまでも若くとは望まないから、「年齢不詳」でがんばるぞ〜!
名前:多田野ゆきね
年齢:東海道新幹線
かぁさんたち

しながわ在住歴はながいのですが、子どもが複数になるまでは、ほとんどただ寝に帰っていただけのオヤジ系。出産体験で生まれ変わりました(笑)。 趣味:ドルフィンスイム、うた、ふて寝、お産。 特技:早食い
QRコード
動作未確認(笑)

ブクログ
RDF Site Summary
RSS 2.0
RSS取得
子育て仲間*はらっぱ最新情報はFacebookページに♪
今日のニッコリータは早じまいです。
みんなでつくるニッコリ音楽会♪/しなが…
天使が降りてきた!?
産前産後ワークショップ〜2日目
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。