ひらめき初めて訪問してくださった方は、まず■はじめにをごらん下さいませ。ひらめき

2006年06月05日

はじめに

結論を先に言うと、命の原点というか、子育ての基点となる「お産」を喜びたいのです。 ノウテンキなタイトルに不快感を覚える方もいらっしゃるかもしれません。単なる自慢話と思われるかも知れません。わたし自身、 そう思われるのが不本意で、すべてに口をつぐんでいた時期もありました。

 

誤解を恐れず敢えて書くと、わたしは優等生妊婦のままびっくりするようなド安産(特別な努力の賜物というワケではなく、 単に運が良かっただけだと思います)。生まれてくる命の力に圧倒され魅了され、すっかりお産のとりこになりました。でもその後には、 おっぱいのつまづきがありました。たかがそれだけのこと。でも、とても苦しかった。次々にわき上がる不安を、 自分でかき消しながらの3カ月間。どうしたらいいの…?と言えなかったわたし。他人から見たらほんとにつまらないくだらないようなことでも、 なかなか乗り越えられなかったりするものです。

 

やがて、いろいろな人との出会いの中で、自分と人との垣根がだんだん低くなり、 生きることのしんどさが少し軽くなってきたような気がしています(現在進行形)。子どもとともに暮らすことで、 自分自身の心の穴が静かに埋まっていくような、無くしたピースがすこしずつそろっていくような、そんな感じです。 産むことで生まれなおすことが出来たとでも言うのでしょうか。

 

そして自分の中にだけ閉じこめてるいろんな想いを、みんなが口にしたらいいんじゃないかと思うようになりました。 たとえ自慢と思われても、そんなこともあるんだ、こんなひともいるんだ、ひとりひとりのみんなが違うお産の体験を、 妊婦と産婦の架け橋にしたいのです。それで再び、口を開くことにしました。

 

「お産」は命がけの一大事。非常事態です。どんなスタイルだったとしても、自分のお産が自分にとって良かったんだと思いたい。 神さまの国に還ってしまった子たちの事だって、忘れたくない。ここでは、その後に続く暮らしも視野に入れつつ、 自分自身の生き方についても考えたいと思います。

posted by お産バンザイ! at 03:39| 東京 ☁| ■はじめに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
 
Google
新着記事
(09/11)出張ワークショップ等承ります
(01/07)1/12☆「お産のこと、話しませんか」
(10/30)品川子育てメッセ2015☆ワークショップその2
過去の記事
2017年09月(1)
2016年01月(1)
2015年10月(4)
2014年04月(1)
2014年02月(1)
お気に入りリンク
バンビノコミチ
フィリピン、貧しい母子のためのクリニックより
アクア・バースハウス
マザリーズ助産院
りんご鍼灸院
REBORN
babycom
日本助産師会
どうする?日本のお産
順不同です〜 m(_ _)m
ささやかな成長記録
micchi_yukki_のあしあと
EmiriSystem
※公開パスワードが必要です。お問い合わせ下さい。
なかまたち
てとてとねっと
子育て仲間*はらっぱ
あいあい
おばちゃんち
おばちゃんち
ふれあいの家〜おばちゃんち ここは、ふれあいの家。ひだまりの縁側にいろいろな人が集い、ささえあう優しい場所です。
banr-2.gif 救急救命士の現実 パラメディック119〜すべては救命のために〜
わたしについて。
マル高って何?いつまでも若くとは望まないから、「年齢不詳」でがんばるぞ〜!
名前:多田野ゆきね
年齢:東海道新幹線
かぁさんたち

しながわ在住歴はながいのですが、子どもが複数になるまでは、ほとんどただ寝に帰っていただけのオヤジ系。出産体験で生まれ変わりました(笑)。 趣味:ドルフィンスイム、うた、ふて寝、お産。 特技:早食い
QRコード
動作未確認(笑)

ブクログ
RDF Site Summary
RSS 2.0
RSS取得
子育て仲間*はらっぱ最新情報はFacebookページに♪
今日のニッコリータは早じまいです。
みんなでつくるニッコリ音楽会♪/しなが…
天使が降りてきた!?
産前産後ワークショップ〜2日目
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。