ひらめき初めて訪問してくださった方は、まず■はじめにをごらん下さいませ。ひらめき

2006年06月21日

方法論だけでなく

しかし、結局は施設や設備の問題ではないのではないか。

 

そりゃ好き勝手にさせてくれるところの方が絶対いい(注:わたしの場合は、です)。でも、それより大事なのは、 「そこに人の心があるかどうか」。そんな当たり前のことが、置き去りにされてる現場があるとしたら、 本当に悲しいことです。歓迎されるべき命の出発点が、高度成長期の経済効率最優先の工場みたいな殺伐としたところであって欲しくない。 産む人にとっても、お産を支える人にとっても。

 

それだけを、切に願います。

posted by お産バンザイ! at 00:57| 東京 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | ■いろんな出産場所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月08日

6つの産み場所の特徴

 産み場所の種類は、規模によって大きく6つに分けられます。施設の規模と
スタッフの人数は正比例します。でも、ケアが手厚くあたたかいか、出生数が
多いかは、施設の大きさには関係ありません。

・大学病院
 大学病院は医療者の教育機関としての性質があるので、研修医が多い。担当が決まりにくい。NICU(新生児集中治療室)や最先端の器具や高い医療技術や検査法を持つ。医療の介助が必要なリスクの高い母子の場合は安心。出産方法や方針は施設によって違い、オリジナル出産が実現できる施設はまだすくない。

・総合病院
 100人以上が入院できる設備があり、内科、外科、脳外科、循環器科、小児科など、産婦人科以外の専門家も併設されている。リスクのある妊産婦が多い施設の場合は、NICUや最新型の医療機器があるなど、未熟児対策も万全で病理に対する管理には手厚い。母子別室が多い。
オリジナル出産の実現の可能性は産院ごとに違うが、まだすくない。

・病院、専門病院
 婦人科が専門で、入院ベットが20床以上で複数の医師がいれば「病院」と呼ぶ。産科と婦人科を併設しているところが殆ど。小児科を併設しているところもあり、分娩を扱わない婦人科中心の施設もある。院長と病院の経営者が異なる場合と一緒の場合がある。分娩がどの医師になるかわからないことが殆ど。

・診療所、専門医院
 ベット数19床以下、一人以上の医師が常にいれば診療所(医院)と言う。産婦人科の専門医が一人以上いて、入院ベットが19床以下だと「医院、診療所、クリニック」と呼ぶ。クリニックや診療所は、院長の方針=ケアの方針。自分の希望を上手にアピールすれば、オリジナル出産が実現する可能性は高い。

・助産院
 助産師には、病院や医院など施設に雇われる勤務助産師と、自宅出産の介助をする出張助産師、自分の助産院を持つ開業助産師がいる。助産院では正常産しか扱わないため、妊娠中にリスクのない健康な妊婦だけが出産できる。各助産院ごとに産婦人科の嘱託医と契約している。妊娠中の2回の血液検査は、嘱託医のいる病院や医院など医療機関で受けることが多い。ほとんどが母子同室。母乳ケアが手厚い。

・自宅
 施設を持った開業助産師や、施設を持たずに活動している出張助産師を家に呼んで出産するケース。正常産のみを扱うので、リスクのない妊婦が選べる。医学的なバックアップをしてもらえる病院とも事前に関係づくりをしておくことが大切。妊娠中の2回の血液検査は、嘱託医のいる病院や医院など医療機関で受ける。健診は自宅で。健診で以上があった場合は、医師の診察を受ける。分娩中に医療介入が必要になった場合は、病院へ移動する。


「えらぶお産」大葉ナナコ/河出書房新社より引用
posted by お産バンザイ! at 02:10| 東京 🌁 | TrackBack(0) | ■いろんな出産場所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
 
Google
新着記事
(09/11)出張ワークショップ等承ります
(01/07)1/12☆「お産のこと、話しませんか」
(10/30)品川子育てメッセ2015☆ワークショップその2
過去の記事
2017年09月(1)
2016年01月(1)
2015年10月(4)
2014年04月(1)
2014年02月(1)
お気に入りリンク
バンビノコミチ
フィリピン、貧しい母子のためのクリニックより
アクア・バースハウス
マザリーズ助産院
りんご鍼灸院
REBORN
babycom
日本助産師会
どうする?日本のお産
順不同です〜 m(_ _)m
ささやかな成長記録
micchi_yukki_のあしあと
EmiriSystem
※公開パスワードが必要です。お問い合わせ下さい。
なかまたち
てとてとねっと
子育て仲間*はらっぱ
あいあい
おばちゃんち
おばちゃんち
ふれあいの家〜おばちゃんち ここは、ふれあいの家。ひだまりの縁側にいろいろな人が集い、ささえあう優しい場所です。
banr-2.gif 救急救命士の現実 パラメディック119〜すべては救命のために〜
わたしについて。
マル高って何?いつまでも若くとは望まないから、「年齢不詳」でがんばるぞ〜!
名前:多田野ゆきね
年齢:東海道新幹線
かぁさんたち

しながわ在住歴はながいのですが、子どもが複数になるまでは、ほとんどただ寝に帰っていただけのオヤジ系。出産体験で生まれ変わりました(笑)。 趣味:ドルフィンスイム、うた、ふて寝、お産。 特技:早食い
QRコード
動作未確認(笑)

ブクログ
RDF Site Summary
RSS 2.0
RSS取得
子育て仲間*はらっぱ最新情報はFacebookページに♪
今日のニッコリータは早じまいです。
みんなでつくるニッコリ音楽会♪/しなが…
天使が降りてきた!?
産前産後ワークショップ〜2日目
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。